-あなたの気になるにお答えします-

九州の醤油が甘い理由とは?土地柄から見えてきたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は長崎県の佐世保市育ちで今横浜に済んでいるのですが、いつも実家にお願いして送ってもらっているものがあります。

九州出身の方ならピンとくるかもしれませんが、醤油です。

九州の醤油って甘くて、一度あの味になれると他の醤油では物足りなく感じてしまいますよね^^;

友人に聞いてもうまかっちゃん(知ってるかな?)とセットで送ってもらっているところは多いそうです。

ということで今回は九州の醤油はなぜ甘いのかということについて調べてみました。

Sponsored Link

九州の醤油が甘い理由

045483

いくつか理由があるとされているのですが、一番代表的なものは砂糖が手に入り易い地域だったからだと言われています。

歴史の授業とかで耳にした事があるかとは思いますが、昔日本は鎖国をしていました。

そのなかでも九州(長崎)はポルトガルとの貿易を許されていて、そこから密輸で砂糖が大量に入ってきていたんですね。

また九州はサトウキビが採れる地域なので、もともと黒砂糖などをよく摂取していました。そいうこともあり比較的砂糖が手に入り易かったと言われています。

なので関東の人からしたら信じられないかもしれませんが、醤油を作る過程で砂糖を入れるようになったので九州の醤油は甘くなっていったんですね。

でも、なんでわざわざ九州の人は醤油まで甘くしたのでしょう?辛い物は辛い。甘い物は甘い。でいいんじゃないのという疑問が湧いてきませんか?

それは九州の人が甘いものが好きだからなんですね。

ということで次の章で九州の人はなぜ甘いものが好きなのか?ということについてお話ししていきたいと思います。

Sponsored Link

九州人はなぜ甘いものを好むのか?

097754

大きく3つの理由があると言われています。

  • 気温が高い
  • 海に面している
  • 焼酎が辛口

ではそれぞれ見ていきましょう!

気温が高い

気温が高い地域だとカロリーの消費量が多くなります。甘い物はカロリーを多く含むため、九州の人は甘い物を欲すると言われていますね。

余談なのですが、九州地区でもより気温が高い南に行けばいくほど醤油は甘くなると言われています。

僕はまだ口にした事がないのですが鹿児島の醤油はとても甘いみたいなので、ぜひ一度味わってみたいものですね♪

海に面している

地図を見て頂ければおわかりいただけるように九州は美味しい魚が採れるので漁港が多く、漁師さんも沢山います。

普段海にいるので塩分は取りやすいのですが、糖分を中々接収できませんよね。なので必然的に甘い物を欲するようになっていったと言われています。

刺身醤油も普通の醤油と比べて甘い事から、魚の塩分とのバランスをとっているのかもしれませんね。

焼酎が辛口

九州は焼酎を好んで飲む方が多いですよね。その中でも鹿児島を中心に比較的辛口のものが多い。

お酒を飲む方だとおわかりいただけるかと思いますが、

  • 辛いお酒には甘い食べ物。
  • 甘いお酒には辛い食べ物。

これが基本のルールですよね♪

Sponsored Link

最後に

いかがでしたでしょうか?

長くなったのでまとめると…

九州の醤油が甘い理由

  • 砂糖が手に入り易かったから。
  • 九州の人が甘いものが好きだったから。

九州人が甘いもの好きな理由

  • 気温が高く、カロリーの消費が多いから。
  • 漁師さんが船上で甘い物を欲したから。
  • 焼酎が辛口だったから。

 

なんだか九州人の血が騒いだのか、記事を書いているうちに無性に刺身を食べたくなってきました(笑)ということで今晩は先日実家から送ってもらった醤油でお刺身でも食べようかなと思います♪

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事