-あなたの気になるにお答えします-

野球のボールデッドの意味とは?誰にでもわかる簡単解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日友人と話をしていて気づいたのですが、ボールデッドって守備の人が投げたボールがスタンドに入った事のみを指していると思っている人が以外と多いんですよね。

僕も中学の頃はそう思っていましたが…(笑)

でも実際は色々と種類があって多分調べれば調べるほど意味がわからなくなってくるルールのひとつだと思います。

ということで今回は野球のボールデッドの意味についてお話ししていきたいと思います。

ひとまずは一般的な定義を把握してから、それぞれのケースを見ていきましょう。

Sponsored Link

ボールデッドの意味とは?

kako-rPFoQXb35E5tgHCE

ではいつもの如く一般的な定義から見ていきましょう!

ボールデッド(英:ball is dead, dead ball)とは、野球やアメリカンフットボールで、試合が停止され、プレイが無効となる時間である。

wikipediaより引用-

色んな状況で生じますが、審判がタイムをかけたときや、ボークなどのルール違反で試合が止まっている場合、ファウルなどでボールがスタンドに入った場合もボールデッドとなりますね。

ちなみに反対語はボールインプレーと言います。

では具体的にボールデッドになるケースはどのようなものがあるのか見ていきましょう!

Sponsored Link

具体的なボールデッドの例

ではどういうケースでボールデッドになるのかを具体的に見ていきましょう!

  • 審判の宣告による場合
  • プレー中に突如起きる場合
  • ルール違反

ではそれぞれ見ていきましょう

 

審判の宣告による場合

審判がタイムをコールした際やチェンジ(攻守交代)になる場合。これは完全に試合が中断している状態なのでわかり易いかと思います。

 

プレー中に突如起きる場合

プレー中に突如起きるパターンとしては、デッドボール、ファウルボールの時。またファウル以外でもボールがスタンドに入った場合に関しては2種類。

ひとつはエンタイトルツーベースと言って、フェアゾーンでバウンドしスタンドに入った場合はツーベースになります。一応わかり易いように動画を載せておきます!


もうひとつは冒頭にもあったように、守備の人が投げたボールがスタンドに入った場合ですね。

審判に当たった場合はボールデッドになる場合とそうでない場合がありますので、次の章で詳しく解説していきます。

 

ルール違反をした場合

ボーク、守備妨害、打撃妨害、走塁妨害。

それぞれの妨害は故意にというのがポイントになります、ランナーが故意にボールに当たったり、故意にキャッチャーにバットを当てたりというイメージです。

このルール違反に関しては細かく見ていくと、膨大な情報になってしまうのでここでは、そういうものもあるのだなぁという風に捉えておいてください。

*ボークに関しては別記事で解説していますので、最後にご紹介しますね♪


では最後に審判にボールが当たった場合、ボールデッドになるケースとそうでないケースがあると文中で述べましたが、それについて解説していきたいと思います。

Sponsored Link

審判に当たった場合の見分け方

kako-VVC1kRvTkwtZFv7H

その中でも審判にボールが当たった場合にボールデッドになるか、ボールデッドにならないか。よく議論されるところでもありますのできちんと理解しておきましょう。

わかり易く言うと…

  • ピッチャー以外の内野手の横を通過していないボールが審判に当たった場合は”ボールデッド”。
  • ピッチャー以外の内野手の横を通過したボールが審判に当たった場合は”ボールインプレー”。

となります。

なのでよく”審判は石ころだ”と表現されることがあるかと思いますが、あれは後者の場合で、あくまで内野手がアウトに出来なかったボールに当たった場合のみなんですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

長くなったのでまとめると…

  • ボールデッドとはプレイが無効になる時間。
  • 具体的なボールデットは大きく分けて3種類。
  • 審判にボールが当たった場合、内野手を通過していない時点で当たったらボールデッド。

 

あ、そうそう時々選手がアウトカウントを間違えてスタンドにボールを投げ入れますよね。あれもボールデッドになるので、ぜひ覚えておいてくださいね♪

 

もっと野球に詳しくなりたいぞ!という方はこちら( ´∀`)

野球のルール!初心者でもわかる簡単解説

野球の由来に関する記事まとめ!おすすめ記事5選

 

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事