-あなたの気になるにお答えします-

野球のマウンドはなぜ高いのか?歴史をひも解いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野球のグラウンドを見ていると一カ所だけ高くなっているところがありますよね。そうピッチャーが立つマウンドだけ土が盛られて高くなっています。野球をやったことがある人ならば誰しも一度は憧れた事があるであろう場所だと思います。

僕は小学生の頃 “横浜高校 VS PL学園” の試合で当時高校生だった松坂選手を見たときにピッチャかっけー!!!!ととても興奮したのを覚えています。

でもマウンドって何で高くなっているのかご存知ですか?野球経験者でも一度は気にするけれどその後調べないで、意外と本当の理由を知らない人が多かったりするところでもあります。

ということで今回は野球のマウンドはなぜ高いのかということについてお話していきたいと思います。

Sponsored Link

野球のマウンドはなぜ高いのか?

実は1800年代後半まではピッチャーが投げる場所はマウンドではなく、ピッチングボックスと呼ばれていました。今のマウンドのように高さもなく、他の場所と同じように平坦な場所でなげていたんですね。

今もそうですが、ピッチャーは投げる際の踏ん張りを聞かせるためにスパイクで掘り起こすので、ピッチングボックスは雨水がたまりやすく、雨などがふるとすぐぐちゃぐちゃになってしまいます。

まぁ野球を見たことある方ならお分かりかと思いますが、ピッチャーがよくマウンドを足で掘っていますよね。一応動画を載せておきます。

この作業多いピッチャーだと1打者に一回する人もいるぐらいです。平坦な地面だと踏ん張りがききませんからね。

ピッチャーが穴を掘るのでそこに水がたまっていっちゃいます。なのでピッチャーが投げる後ろに土を盛って、雨が降った後などにすぐ穴を埋めれるようにしたのがマウンドの原型なんですね。

当時は今のようにプレートと呼ばれるものがなく、ピッチャーはピッチングボックスの中ならどこから投げても良いとルールだったんですね。なのでかしこいピッチャーが高いところから投げたほうが有利だということに気付き、どんどん土を盛ってその上から投げるようになっていきました。

ではなぜマウンドから投げるようになったのかについて次の章で見ていきましょう。

Sponsored Link

マウンドから投げると何がいいの?

kako-4P3vOaKdl8fymXIp

先ほどの章であったように、もともとのマウンドはピッチングボックスを整備するために後ろに盛られてあったものなんですね。なぜその上から投げるようになったのかという疑問に答えて行きたいと思います。

  • ピッチャーが投げやすい
  • バッターが打ちにくい

大きくわけて上の2つの理由がありますのでそれぞれ解説していきましょう!

ピッチャーが投げやすい

一度ボールを投げてみるとわかるのですが、ボールを正面に投げようとするよりも上から地面に叩き付ける方が力が入ります。そのイメージですね。

バッターが打ちにくい

高いところから低いところに投げ込まれた方が角度がついて、目線がぶれるので打ちにくいんですね。よくプロ野球で助っ人外人の高い身長の選手を連れてくるのはここが理由になっています。

あまりにも土を盛りすぎるピッチャーがでてきたので、これはいかんなと思い、今のように高さなどの制限が出来、ついでにピッチャーが投げる距離も平等にしようということでプレートが設置されるようになりました。

では最後にマウンドについての大まかな決まり事をご紹介して終わりにしたいと思います。

Sponsored Link

マウンドについての決まり事

プロ野球だとホームチームでは自分にあったマウンドに仕上げるように、グラウンド整備する人(グラウンドキーパー)にお願いするみたいな話を聞いた事ありませんか?ということはマウンドの高低は自由に変える事ができるのかというとそういうわけでもないんですね。

野球規則でマウンドの高さは25.4cmと決まっています。

ではなぜホーム球場ではその日投げる投手によってマウンドを、自分のチームの投手が投げやすいように調整しているという話がでるのでしょう?それは大きくわけて2つの理由があります。

まずひとつ目が使用する土によって硬さ、柔らかさは先発ピッチャーが自分好みに変えることができます。

もうひとつは、グラウンド整備でも職人になるとミリ単位以下の土の量を調整することによってピッチャーが投げやすいようにしているという話しもあったりします。

これぞプロという感じの話ですが、あくまで噂なので真意は定かではありませんが…

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

長くなってしまったのでまとめると…

  • マウンドはもともと、ピッチングボックスを整備するために用意されたものだった。
  • マウンド上から投げ始めた理由は、ピッチャーが投げやすく、バッターが打ちにくいから。
  • マウンドの高さは25.4cmと決まっている。

 

マウンドは盛り上がっていて、初めて見た人からすると不思議な出っ張りにしか見えませんが、野球少年ならば誰もが一度は憧れる場所ですよね。

僕も小・中と主に内野を守っていましたが、練習意外で友人と遊ぶときはあのマウンドに立ちたいが故にピッチャーをやらせてもらったりしたのをふと思い出しました。なんだかんだピッチャーが一番格好いいですもんね♪

 

もっと野球に詳しくなりたいぞ!という方はこちら( ´∀`)

野球のルール!初心者でもわかる簡単解説

野球の由来に関する記事まとめ!おすすめ記事5選

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事