-あなたの気になるにお答えします-

十五夜の意味とは?子供に分かりやすく伝えるための疑問解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の風物詩といえば一番真っ先に思い浮かんでくるのが十五夜

気付いた十五夜といえば、月でウサギがおもちをついて、ススキがなびいている夜にお団子を食べて〜
みたいな絵が思い浮かんでくると思います。

tsukimi_jugoya

先日友人と話しているときに、子供から十五夜の意味について聞かれて、なんとなくは答えられたんだけどさぁ〜
という相談を受けました。どうやら小学校の宿題として十五夜の意味を聞いてくるという宿題が出たみたいですね。

こういう気付いたらなんとなく知識として知ってる風習って実はあまり深く知らなかったりしますよね。

ということで小学生の子供に聞かれても大丈夫なように、今回は十五夜の意味とそれにまつわる疑問についてわかりやすく解説していきたいと思います。

Sponsored Link

十五夜の意味とは?

十五夜とは満月の夜のこと。

昔のカレンダーでは月の形をもとに日付を決めていたので、新月(月のない日)を1日とすると、15日の夜が満月になったので、十五夜=満月の夜と呼ばれるようになりました。

主に9月の満月の日が十五夜と呼ばれるようになったのは、この時期の満月が他の時期のよりも美しく見えるから!

昔、月は毎日の安穏な生活を左右してくれる神秘的な存在とされていました。

その月が一番きれいに見える満月の夜、月の神様に収穫の感謝の意味で様々なお供えものをする、その風習を『十五夜』ということになります。

十五夜とは単に9月15日を意味するのではないんだよ〜というのだけでも驚きですよね!

Sponsored Link

なぜお月見は団子を供えるの?

tsukimi_dango

結論から言うと収穫の感謝の気持ちを月に伝えるためにお団子が供えられるようになったんですね。

でもでもなぜ団子なの…?という声が聞こえてきそうですね!

その疑問を解決していきたいと思います。答えは至ってシンプルです…。

団子が月に似ているから(笑)

赤文字で大きく書いちゃいましたけど、拍子抜けですよね^^;

 

これだけだと寂しいので月と団子の関係についてちょっとまめ知識を紹介していきます。

団子がピラミットのように盛られているのにも理由があって、先端が霊界に通じると考えられてきたからなんですね。霊界を通じて月に感謝を伝えるという意味合いがあると言われています♪

Sponsored Link

なぜススキやハギなの?

087934

ススキは稲穂の代わりとして使われています。十五夜の段階では稲穂の収穫にはまだ少し早いので、稲穂に似たススキを代用したんですね。

またハギには邪気を祓う力があったり、神様がお供えものをいただくための箸としての役割として用いられています。

収穫感謝の儀式なので、その時期に穫れた野菜などをお供えする。

「秋の七草」の季節の草花も飾られていました。

〜秋の七草〜

  • 萩(ハギ)
  • 桔梗(キキョウ)
  • 葛(クズ)
  • 藤袴(フジバカマ)
  • 女郎花(オミナエシ)
  • 薄(ススキ)
  • 撫子(ナデシコ)

このようにもともとはススキやハギ意外も飾られていたのですが、いつの間にかススキやハギが一般的になっていったみたいですね。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

古くからある風習はどうしてもその意味を忘れられがち…。

しっかりとした意味があるのに、形だけが残ってしまい十五夜のように収穫への感謝という最も大切な根本が忘れられていくのも悲しいですよね。

この記事を読んでくれたあなたは子供にしっかりと意味を伝えるだけではなく、身の回りの色々な人にも伝えていただけると僕も記事を嬉しいです♪

これからも日本の文化の良い点はどんどん引き継いでいきたいですね!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事