-あなたの気になるにお答えします-

元払いと着払いの違いとは?料金って変わってくるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕はオークションを時々利用しているのですが、最初は商品の送り方や送る方法など全くわかりませんでした

本を配送した時には梱包をせずに封筒に入れてしまい本がぼろぼろになるという悲惨な結果に…

もちろんこちらに非があるので全額返金です。

最近はネットで個人売買が出来るため宅配サービスを利用する方が増えていますね。amazonやヤフオク、メルカリなどなど。

まぁ慣れている方なら大丈夫だと思うのですが、初めての方なんかだと宅配サービスのルールがわからない場合って所々で出てくると思います。

特に最初につまずき安いのが元払いと着払いの違いではないでしょうか?

ということで今回は元払いと着払いの違いについてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

 着払いと元払いの違いとは?

nimotsu_ukewatashi

まず宅配サービスにおける登場人物として、

A.商品配送をお願いする人

B.商品を配送する会社

C.商品を受け取る人

の3人がいます。

宅配サービスの流れとしては、

  • Aが配送料を支払い、Bに荷物の配送をお願いする。そしてBがCに商品を届ける。
  • AがBに荷物の配送をお願いする。そしてCがBに対して配送料を支払い商品を受け取る。

という2つの選択肢があります。上の配送方法のことを、下の配送方法のことを着払いと言います。

簡単にまとめると、

元払いとは、荷物を配送をお願いする人が配送料を支払う。

着払いとは、荷物を受け取る人が配送料を支払う。

ということを覚えてきましょう♪

では次に発払いと着払いの料金の違いについて見ていきます。

Sponsored Link

 料金は違うの?

配送方法にもよるのですが、元払いと着払いによって料金が少し変わってきます。

ただ元払いと着払いの料金について解説するまえに、配送方法には集荷持ち込み2つのサービスがあるということついて解説していきます。

集荷とはAがBに荷物をとりにきてもらうサービスのこと。

持ち込みとはAがコンビニやBに直接荷物を持ち込むこと。

 

なぜ先にこの二つの違いを説明したかというと、集荷の場合は料金が全く変わらないのですが、持ち込みの場合は会社によっては100円の割引サービスがあります。

なので少しでも節約したいという方は最寄りのコンビニなどに荷物を持ち込むと良いでしょう。元払いの場合は特に気にしなくてOKです。

では最後に元払いの100円割引採用している会社と、どこに持ち込めばいいのかをサクっと紹介して終わりにしたいと思います。

Sponsored Link

どこに持ち込めば良いの?

convenience store

ではまず持ち込み100円割引を採用している3社をご紹介していきます。

  • クロネコヤマト
  • ゆうパック
  • 佐川急便

上記の3社、どれも名前を聞いたことがある会社ばかりですね。

セブンイレブンやファミリーマートなどの大手から、比較的マイナーなコンビニがクロネコヤマトと提携しています。

ローソンとミニストップはゆうパック。佐川急便はコンビニとは提携していないので各営業所に直接持ち込む形になります。

ただコンビニによっては提携していても、サービスを取り入れていない場合もあるので近くのコンビニで事前にチェックしておくのが良いでしょう。

配送料金に関してはそこまで大差はないのですが、重さ、大きさ、配送元などの条件によって料金が変わってくるので各会社のホームページで確認してみてくださいね♪

 

 最後に

いかがでしたでしょうか?

長くなったので簡単にまとめると…

  • 配送者が配送料を支払うのが、元払い。受取人が配送料を支払うのが着払い。
  • 持ち込みの方が100円安くなることがある。
  • 持ち込む場所はお願いする会社によって変わってきますが、コンビニか営業所。

何事もそうですが、初めてやることって色々調べたりしないといけないので大変ですよね^^;

少しでもあなたのお役にたたてれば嬉しいです!

 

配送関係の記事はこちら♪

コンビニで封筒って郵送できるの?着払いはできるのか?

宅急便と宅配便の違いとは?料金って変わってくるの?

当ブログ人気記事はこちら♪

寝る前にするといいこと悪い事!おすすめ記事6選

栄養ドリンクが効く飲み方は?おすすめ記事6選

野球のルール!初心者でもわかる簡単解説

 

Sponsored Link

関連記事

    • 鈴木 堅誉里
    • 2017年 3月 11日

    コンビにいいって帰マース

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事