-あなたの気になるにお答えします-

布団を干す頻度はどれぐらい?素材別に徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは布団はどれぐらいの頻度で干していますか?晴れた日は毎日、週一回、ほとんど干さない…色んな意見がありそうですね。

いきなり結論から言ってしまうと、布団を干す頻度に関しては布団に使われている素材によって変わってくるんですね。ということで今回は布団を干す頻度について、素材別に見ていきましょう

いきなり干す頻度について見ていきたいところではありますが、まずはあなたのお家の布団はどの素材が使われているのか?ということと、その素材の特性をしっかり理解する必要があります。まずはそこから解説していきますね。

Sponsored Link

布団に使われている素材を知ろう

futon_tataki

細かく見ていくともう少し種類はあるのですが、大体以下の4種類使っている場合が多いのでそちらに関して紹介していきますね。

  • 綿(コットン)
  • 羽毛(羽根)
  • 羊毛
  • 真綿

どれもも耳にしたことはあると思います。それぞれ何を使っているかによって干す頻度が変わってきますのでまず簡単に特性から解説していきます。

綿(コットン)

古くからの日本の敷き布団の代表格がコットン。保湿性が高く、吸湿性に優れていて、弾力性があります。ただ固いので敷き布団以外で利用されることはほとんどありません。

羽毛(羽根)

掛け布団の中では一番利用者が多い布団でしょう。何と言っても軽くて暖かいのが特徴!かさばりがあるので保湿性に優れています。また人間が寝ている間かいた汗を吸ったり、放出したりして温度調整をする役割にもすぐれています。デメリットは、収納にかさばることと、虫食いの可能性が高いという点です。

羊毛

ベットパットや肌布団に使用されることが多いです。湿気を整え、体温調整を役割を果たします。絹の敷き布団にはこの役割がついていないので、敷き布団の上に一枚重ねる方が多いです。

真綿

ご年配の方や暑がりの方で利用されている方が多いです。汗による蒸れを軽減してくれ、普通の綿と違ってちぎれたりしないのでホコリがでにくいというのが特徴です。

さてあなたのお家ではどれを利用しているか?

敷き布団は綿で、掛け布団はコットン、さらにベットパッドを利用している方だと羊毛の場合もありますね。

それぞれ布団に付いているタグから判別することができますので、しっかり何を使っているか把握した上で次の章に進んでみてください

Sponsored Link

 布団を干す頻度

kako-NEaVe5qUKa5QsIl4
布団に使われている素材の種類に関しては4つありましたが、干す頻度に関しては大きく2つに別れます。綿とそれ以外という認識で大丈夫です。

ではそれぞれどれぐらいの頻度で干すのがベストなのか見ていきましょう。

綿

毎日干す方が布団のかさを維持しやすいので使い心地が良くなります。また性質上湿気がこもりやすいので、こまめに日干しをして乾燥させるほうがいいでしょう。

僕も学生の一人暮らしの頃あったのが、梅雨の時期に1ヶ月ほど布団を干さなくて布団カバーをとってみるとカビが生えていたこと。あのときとても貧乏だったので布団を買い替えるお金もなく、ショックが大きかったのを今でも鮮明に思い出せます^^;

また乾きが遅いので、比較的長時間(4~5時間ほど)干すことをお勧めします。しっかり乾燥させないと湿気がたまってぺちゃんこになり、ダメになるのも早くなりますので注意が必要です。

羽毛 羊毛 真綿

基本的に日陰でこまめに干しましょう。晴れている日は毎日干すという感覚で大丈夫です。

年に数回程度であれば天日干しもOKですが、その際は布団カバーを掛けたまま午前中9時前後日が上がりきるまえに干してしまいましょう。約1~2時間前後で十分です。

注意点は、日が昇ってから直射日光の当たる場所で長時間干さないこと。短時間でも毎日直射日光にあてるとNG。理由は布団が傷みやすくなるからです。

特に羽毛なんかがそうです。綿でできた敷き布団と一緒に干しちゃって1年も立たないうちにぼろぼろになんてことにならないように気をつけてくださいね。

まとめると布団を干す頻度は素材にもよりますが、以下のようなイメージです。

敷き布団は日干しで長時間。

掛け布団、パッドは日陰干しで短時間。

Sponsored Link

最後に

いかがでしたでしょうか?

今まで敷き布団、掛け布団など毎日同じように干していたよという方はぜひ見直してみてくださいね。それだけでだいぶ布団自体の持ちが変わってきます

そうそう余談ですが、先日布団を干していて取り込んだ際にムカデも一緒に付いてくるという大惨事がおきました。僕は虫が大の苦手なので一人で発狂していました 。他にも洗濯ものと一緒にセミをとりこんだりと、どうにかならないものですかね。

何かいい方法があればぜひぜひ教えてくださいね(笑)

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事