-あなたの気になるにお答えします-

横浜スパークリングトワイライト 2017年♪混雑状況と穴場紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年から開催され、今年で4回目の横浜スパークリングワイライト。花火大会と言えば古き良き時代のイメージがありますが、名前からして他の花火大会とは一線を画すネーミングですよね♪

毎年アクロバット飛行から始まるこの花火大会!今年も約3000発の花火が横浜の夜空を彩ります。

まだ歴史が浅いので他の大きな花火大会と比べると比較的混雑はまだましなほうかなというイメージですが、だんだん知名度があがっているのも確かです。

ということで今回は現地に到着して、意外と混雑しててゆっくり花火が見れない!!

なんてことにならないように、混雑状況穴場スポットを中心に2016年の概要をお届けしていきたいと思います。

Sponsored Link

横浜スパークリングトワイライト 2016 日程・概要

新作の花火も沢山あるみたいで、今から待ち遠どおしいですね♪

まず気になる日程なのですが、

今年は7月16日17に開催されます。

打ち上げ時間は19:30~20:00に決定致しました!

 

打ち上げ場所

今年も例年通り山下公園およびその周辺の海上です。

地図上の赤いピンの部分周辺が打ち上げ場所です。

 

荒天時

中止

 

人出予想

約20万人

 

打ち上げ数

約3000発

 

アクセス

・みなとみらい線 「元町中華街駅」 出口より徒歩約3分

・JR根岸線 「関内駅」 南口より徒歩約20分

・JR根岸線 「石川町」中華街口より徒歩約15分

*専用駐車場はありません。

 

お問い合わせ

045-681-2353

横浜スパークリングトライワイト実行委員会事務局

 

混雑具合は?

まだ今年で4回目の開催なので、みなとみらいで開催されている神奈川新聞花火大会花火大会に比べると比較的混雑していないイメージです。ただ毎日沢山の人が出入りする横浜なので何かの拍子で人出が一気に増えることが予想されます…

去年は山下公園の海上で花火が打ち上げられるので、山下公園が結構込み合っていましたが、それ以外の場所はまだまだゆとりをもって鑑賞できそうな感じではありました。

ただもし混雑してしまった場合のことを考え、穴場スポットをいくつか紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

混雑回避のための穴場スポット

GoogleMap上に場所と詳細をまとめておきますね♪

赤いピンをクリックすると場所と名前と詳細が出てきます。

緑の★が打ち上げ場所!

スマホの場合は右上のボタンをクリックしてGoogleMapページで確認してくださいね♪

以上の穴場スポットはまだ大丈夫かとは思いますが、絶対にゆっくり鑑賞したいぞ!という方はなるべく早めにスポットで場所取りをしておくことをお勧めします

こういうイベント事は何が起きるかわかりませんからね^^;

備えあれば憂いなしです♪

Sponsored Link


最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は花火に特化して紹介しましたが、横浜スパークリングトワイライトにはその他にも沢山の催しものがあり一日中楽しめるお祭りとなっています。

海上保安部、横浜市消防局による『海難デモンストレーション』『シップ(船の)パレード』など港町ならでわのイベントが盛りだくさん。

そして花火の後には、イルミネーションに彩られた船が海上を埋め尽くす『ジュエリーポート』なども幻想的♪人が溢れかえる『THE 祭り』的なイベントもいいですが、たまにはゆっくりとした花火大会で夏を味わうのもいいかもしれませんね

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事