-あなたの気になるにお答えします-

クリスマスの由来とは?子ども向けに簡単解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さてさて1年が終わる前のビックイベントクリスマスがやってきますね。僕の友人に聞いたのですが、昔は楽しみでしかたなかったクリスマスも子どもが出来るとちょっと様子が変わるみたいです。

というのもその友人のお子さんは、最近イベントがあるごとにその意味や由来を聞いてくるみたいなんですね。今回の例で言うとクリスマスって何〜?とかクリスマスって何のためにあるの〜?とか。

小さい子どもは何かと知りたがりますからね(笑)

boy_question

情報集めるのも、それを噛み砕くのも難しいですよね^^;きっとこの時期を読んでくれているあなたも、子どもに聞かれる前にクリスマスの由来を調べておこうという感じかと思います。

ということで今回はクリスマスの由来について子どもでもわかるぐらい簡単にお話ししていきたいと思います。

Sponsored Link

 クリスマスの由来とは?

クリスマスと言えば12月25日。勘違いされている方結構いるのですが、24日のクリスマスイブは前夜祭!

ではクリスマスの由来はというと…約2000年前にイエス=キリストという海外の神様がこの世におりてきたとされている日が12月25日なんですね。その日をお祝いしましょうということでクリスマスというものがはじまりました。

えらいえらい神様がこの世におりてきてくれた日を年に1度しっかりとお祝いしましょうね。というのがもともとも由来だとされています。神様が沢山の人に囲まれてお祝いされているようなイメージですね

nigaoe_jesus_christ

クリスマスといえば?という答えに対してイエス=キリストと答える人は少ないかと思いますが、実はクリスマスの代表格でもあるサンタクロースやツリーは後付けなんですね。

 

まぁ由来わかったけど、何で日本で海外の神様を祝うようになったのか?そういう疑問がお子さんからと飛んで来るかもしれないので、そこもしっかり理解しておきましょう。

Sponsored Link

 なぜ日本でクリスマス?

日本にクリスマスが初めてつたわってきたのは今から約500年前の山口県。海外から色んな文化が入り始めてきた時です!

その時は今のジングルベール♪みたいなお祭りではなく、ただ神様に対してお祈りするだけの行事でした。今の日本で言う神社に言って手をあわせますよね?ああいった感じです。

海外の人がキリスト教という教えを広めようとして頑張っていて、その教え中にクリスマスというイベントがあったんですね。

ただその後、海外に侵略されると思った日本人のえらい人が約200年間キリスト教を禁止しちゃいます。なので一時期はクリスマスというものはなくなってしまいます。結局復活したのは1900年ぐらい。そこでやっと日本に定着しました。

今のジングルベール♪のようなクリスマスになってからまだ100年ぐらいしか経ってないんですね!

 

本来は海外の人が一生懸命伝えようとしたキリスト教の中のクリスマス。それだけが残って今のようなお祭りになったんですね。なので由来と今のクリスマスはあまり結びつきにくいかもしれませんね(笑)

まぁ日本人はイベントが大好きですからね♪

Sponsored Link

最後に

party_christmas

いかがでしたでしょうか?

最後に少しまとめると…

 
  • キリストという神様がこの世におりてきた日をお祝いする日。
  • 日本には500年前からあるけど、今みたいなお祭りは100年前ぐらいから。
  • 日本とはあまり関係がないけど日本人はお祭りが好きだから定着した。

ということです。

子どもに対しては難しい言葉を使わないことが一番ですね。また内容はほとんどおぼえてないことが多かったりもするので、大事なことをピンポイントで伝えてあげてくださいね^^

 

【関連記事】

クリスマスプレゼント!男女・年齢別ランキング

クリスマス到来!サンタはいつ来るの?大人の悩める疑問を解決

サンタは煙突がない時どうするの?子どもの質問への答え方

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事