-あなたの気になるにお答えします-

レシートと領収書の違い!これだけ押さえておけば大丈夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近税金のことを色々と調べているのですが、かなりややこしいですね(笑)

とくに一番最初に疑問に思ったのが、レシートと領収書の違い。今までまわりからレシートは保管していた方が良いよ!と言われていたので一応受け取るようにしていたのですが、今一違いがわからない^^;

kako-iB1uqyCovgsHBRSd

きっとこの記事を読んでくれているあなたも、レシートをくれるお店もあれば領収書をくれるお店もあり。

いったい何が違うんだー!!と発狂しそうになっていることかと思います。

ということで今回はそんな疑問を解説するためにレシートと領収書の違いについて解説していきたいと思います。

Sponsored Link

 レシートと領収書の違いとは?

106415

ではさっそく違いを見ていきましょう。

領収書を英語でレシートというように基本は同じで、商品を購入したということを証明する役割をはたします。

その中でも昔から日本ではレジで打ち出しされたものをレシート、手書きのものを領収書と呼んでいました。

ただ、最近ではレシートでも「領収書」と印字されているものも増えているので一概には言えなくなってきているみたいです。

もう少し細かい違いをあげていきましょう。

  • レシート:品名が細かくに記載されているが、宛名がない。
  • 領収書:総額のみの記載で、但し書きと宛名欄がある。

 

ではなぜ同じ意味を持つものなのに、会社などでは領収書を求められることが多いのか?その疑問を解決していきましょう。

Sponsored Link

なぜ領収書が必要なの?

よく確定申告が必要な自営業の人や、サラリーマンの方でも会社から領収書をもらってきてと言われるケースがあるかと思います。

本来は同じような意味をもつものなのに、なぜレシートではなく領収書が必要なのでしょう?

大きくつの理由があるのでそれぞれ解説していきますね♪

  • 宛名
  • 証明書として不十分
  • 印字が消える

では詳しく見ていきましょう!

宛名

先ほどの違いにあったように代金を支払ったのが誰なのか?というのが記載されているのが領収書です。

支払い主が記載されているということでレシートよりも証明書としての力を持つということがいえますね。

ちなみによく宛名に上様と記載する人がいますが、これだとレシートと同等の意味合いになってしまいます。

一番は不正防止という意味合いが一番強いですね。

支払い主が記載されていないレシートは、他の人が使ったものでも経費としてあげることができるので、支払い主が記載されている領収書の方が証明書としてより適切だということがいえるでしょう。

特に金額が大きい時は領収書を発行してもらった方がいいでしょう。レシートで申告しようとしたら領収書を請求されることもあるので気をつけてくださいね。

102529

証明書として不十分

レシートだと法律上の証明書としての条件を満たしてない場合があります

例えば店名や名前が書かれていない場合がそうですね。そうなるとどこからレシートを発行されたのかがわからないため、証明書として不十分と判断されることもあるので注意が必要です。

印字が消える

またもう一つお店で領収書を発行するケースが多い理由として、レジで出されるレシートは時間がたったり、こすったりすると印刷が見えなくなってしまうことがあるから。

これはなんとなくイメージできますね!

基本的にはレジで打ち出されたレシートでも、必要な項目が記載されていれば手書きの領収書と同じ効力があると言えますが、心配な方は常に領収書を発行してもらうようにするのがいいでしょう。

では最後に領収書として判断されるための条件をさくっとご紹介して終わりにしたいと思います。

Sponsored Link

領収書の条件

上の章で領収書の方が証明書としては力を持つということがおわかりいただけたかと思います。

では何が記載してあれば領収書になりうるのか?その条件についてご紹介していきます。

印字のものでも、手書きのもの以下の4つが記載されていればOKという認識で問題ないでしょう。

  • 支払先の氏名や会社名
  • 宛名
  • 年月日
  • 支払い金額
  • 支払い内容

先ほどもご紹介したように金額が大きくなる場合はレシートではなく領収書が必要になる場合があるので、上の4項目をしっかりとチェックしてくださいね!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

会社を辞めてからわかったのですが、税金って本当にややこしいですね^^;そうは言ってもしっかりと向き合っていかなければならないところでもあるので、しっかりと勉強していきます。

また何かわかりにくいなぁ〜ということがあればお伝えしていきますね。

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事