-あなたの気になるにお答えします-

野球の打点と得点の違いとは?誰にでもわかる簡単解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野球において似たような言葉だけど意味が違うものっていくつかありますよね。僕が中学校のころ、一番最初に調べた野球用語が打点と得点の違いについて。

その当時パワプロというゲームにはまっていて、選手が打って点数が入るたびに打点が増えていくのはわかったのですが、得点の意味が全くもって理解出来ませんでした(笑)

打点は頻繁に使用されるので文字通り打って入った点数ということがイメージできます。得点は…?サッカーなどの他の球技だと点数が入った際に使いますよね!

一緒じゃん!!??そうなんです、字面だけ見たらいったい何が違うのかさっぱりですよね。

ということで本日は打点と得点の違いについて解説していきます!

Sponsored Link

【野球用語】打点と得点の一般的な定義

kako-XqaV8QP7ANLdBDbc

ではまず打点と得点の一般的な定義から見ていきましょう!

打点とは

具体的には、安打、犠打、犠飛、内野ゴロ、野手選択、押し出し四死球、打撃妨害、走塁妨害で走者が得点した場合である。自身が本塁打を打ち得点した場合にも打点は記録される。

wikipediaより引用-

得点とは

野球やソフトボールにおいて得点(とくてん)とは、走者が正規に一塁、二塁、三塁、本塁の順に進塁し、本塁に触れるときに記録される点数のことである。また、個人記録としての「本塁へ生還した回数(アウトになることなく本塁に触れ、チームとしての得点が認められた回数)」も意味する。

wikipediaより引用-

ん〜難しい用語がいっぱいですよね!ということで次の章ですこし噛み砕いてお話ししていきたいと思います。

Sponsored Link

 打点と得点の違いとは?

まずおさえておきたいポイントから解説していきますね。

打点

バッターに対して記録されるもの。

最小で1点から最大で4点まで状況に応じて変わってくる。

得点

ランナーに対して記録されるもの。

常に1点ずつしかカウントされない。

 

打点とは打ったバッターがランナーを返すことができたら、そのバッターに対して記録されます。一方得点は、ホームに返ってきたランナーに対して記録されます。

さらにわかりやすく動画で見ていきましょう♪

バッターが打ち、ランナーがホームに返ってきて1点はいりました。さきほどのポイントに照らし合わせてみると…バッターに1打点。ランナーに1得点。それぞれ記録されるということがわかりますね!

まぁ〜何となくイメージできたかと思います。

ただ少しややこしいのですが、打点の中にも自分がヒットを打ったりホームランを打ったりして記録されるものと、なぜかバッターがアウトになったのに記録されるものと2種類あります。

 

次の章ではアウトになったのにバッターに打点が記録される。という野球見始めた方からするとなぞのケースについてご説明していきたいと思います。

Sponsored Link

アウトのバッターにも打点がつく?

得点に関しては純粋にランナーがホームに返ってきて点数が入れば記録されるのですが、打点に関しては少しわかりにくいケースがあるので補足として解説していきますね。

先ほどの動画では自分がヒットを打って点数が入って打点が記録されました!でも実はアウトになっても打点が記録される場合があるんです。どういうことか?

先ほどの引用にあったように以下の3つのケースは自分がアウトになっても打点として記録されます。

  • 内野ゴロ
  • 犠牲フライ
  • スクイズ

それぞれ見ていきましょう。

 【内野ゴロ】

バッターが内野ゴロを打ってアウトになった場合でもバッターに打点が記録されます。

【犠牲フライ】

犠牲フライに関して簡単に説明すると…

バッターが外野フライを打ちます。普通だとここでバッターアウトで終了なのですが、ランナーがいる場合だと守備の人(野手)がボールを捕った後に1度でもベースに触れていれば次の塁に進むことが出来ます

イメージしにくいかと思いますので動画をのせておきますね。

この場合ランナーが3塁にいます。バッターが打ちます。野手がボールを捕るまでの間三塁にいるランナーがベースについていることに注目!ボールを捕ったのを確認してからベースを離れてホームベースを踏んでいるので1点が入ります。

これが犠牲フライと呼ばれるもので、この際は打者に1打点が記録されます。

【スクイズ】

↓最後のスクイズに関してはこちらの記事で詳しく説明していますのでこちらでは割愛させて頂きます。

野球のバントってどんなルール!?誰にでもわかる簡単解説

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

野球に限らずですが、少しずつ詳しくなってくるとそれに伴ってわからないことってでてきます^^;

僕なんかかれこれ20年ぐらい野球を見ているのですが、それでもわからないことってやっぱり出てくるんですね。まぁ〜野球も進化していくので新しい言葉が概念が出てくるからというのもあるのですが…

どんどん野球の専門用語覚えてくると、毎日選手の記録をチェックしないと気が済まないという変な病気にかかってしまうので注意してくださいね(笑)

 

もっと野球に詳しくなりたいぞ!という方はこちら( ´∀`)

野球のルール!初心者でもわかる簡単解説

野球の由来に関する記事まとめ!おすすめ記事5選

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事