-あなたの気になるにお答えします-

十五夜と十三夜の違いとは?4つの角度からの徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十五夜といえば子供のころから誰もが知っている秋の風物詩のひとつかと思います。でもでも、似たような言葉なのに十三夜というのもあるというのはあまり知られていなかったり…

この記事を読んでくれているあなたも、十五夜は知ってるけど、十三夜という言葉を耳にしてみたので違いを調べてみよう♪という感じなのではないでしょうか?

085948

ということで今回はそんな秋の言葉。十五夜と十三夜の違いについて様々な角度からご紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

十五夜と十三夜。日にちの違い。

日にち

まず日にちを解説するにあたって、日本の暦(こよみ)には新暦旧暦というものの違いを理解しておく必要がありますのでさらっと解説していきます。

旧暦というのは1872年まで使われていたカレンダーのことで、新暦が今のカレンダーのこと。だいたい旧暦の方が新暦よりおよそ1ヶ月ほど早い(旧暦の5月は新暦の6月という感じ。)というイメージで大丈夫です

それを踏まえた上で日にちの解説をしていきましょう!

  • 十五夜は旧暦で8月15日。
  • 十三夜は旧暦で9月13日。

のことですね。

感の良いあなたはきっとこうお考えになることでしょう!じゃー新暦の十五夜は9月15日で、十三夜は10月13日のことだろうなと…

間違ってはいないのですが、実はちょっと違うんです^^;

例えば2015年の十五夜は9月27日なのに対し、2014年は9月8日が十五夜でした。

なぜこのようにその年によって違いが出てくるのか?これは旧暦が月の満ち欠けから計算されていたのに対して、新暦は太陽の動きを元に計算されているからなんですね!

ん〜ややこしい!十五夜は毎年9月の中旬。十三夜は10月の中旬。ということを覚えておいて、細かい日にちに関しては毎年調べていくしかなさそうですね^^;

では次お供え物と収穫物の違いについて見ていきましょう♪

Sponsored Link

お供え物と収穫物の違い

お供え物の違い

いきなりですが、十五夜は芋名月、十三夜は栗名月とそれぞれに別名がつけられています。

名前から想像できるかと思いますが…

  • 十五夜は芋類を供える(主にサトイモ)。
  • 十三夜は栗や豆を供える(主に枝豆)。

をお供えするということになっていますね。

また十五夜と十三夜に共通する点と言えば、お月見!お月見と言えばお団子ですが、その団子をお供えする数も少し違って来ます

032276

十五夜は15個、十三夜は13個とここはあなたのイメージ通り

ただ、十五夜、十三夜どちらにも言えることなのですが、旧暦の閏月のある年は13個それ以外は12個のだんごをお供えするという考え方もあるみたいですね。ここら辺は場所によって変わってきますので、お住まいの地域の考え方にあわせるのが良いでしょう♪

 

収穫物の違い

収穫物に関しては、それぞれ十五夜が『米』、十三夜が『小麦』の収穫祝いとされていることから、ある地方などでは十五夜に晴れると米がよくとれ、十三夜に晴れると麦がよくとれる。という風に言われていたりもします。

そのことから『お月見が出来る=晴れ』なので、お月見が出来る年は縁起が良いとされていますね♪お月見という行事は月を見てお団子を食べてというイメージが先行しがちですが、もともとは収穫に感謝するという意味が込められていたんですね。

では最後にそれぞれの起源についてさらっとご紹介して終わりにしたいと思います。

Sponsored Link

起源の違い

結論から説明すると…

  • 十五夜の起源は中国。
  • 十三夜の起源は日本。

ということです。

十五夜月を眺めるという風習は中国の中秋節が伝わったもの。現代の日本の風習と同じく餅を食べながら月を眺める習慣があったといいます。中秋節の日は今でも祝日とされ、月を眺める風習は今なお中国で親しまれています。

それが日本に伝わったのは平安時代。その当時は直接月を見るのではなく、宴の際に杯(さかずき)に映る月を見て楽しんでいたそうですよ。

十三夜に関しては、のちに日本人がその十五夜の月の次に美しいとされ、なおかつ収穫の期待が持てる日である旧暦の9月13日にという日を設けたといわれています。

 

最後に

0abe36f8bf0ee02d1c7d36f5308986b8_s

いかがでしたでしょうか?

ちょっと長くなったのでまとめておきましょう!

  • その時期の収穫物をお供えして収穫を祝い、感謝する日。
  • お供え物は十五夜が米や芋。十三夜が小麦や栗、豆。
  • 日にちは十五夜は9月で、十三夜は10月
  • 十五夜の起源は中国で、十三夜は日本。

ということですが、基本的な意味合いは一緒ですね。

ちなみに十五夜と十三夜、両方見ないと片見月や片月見とされ、とても縁起が悪いことだとされているので注意してくださいね。

あとあと、収穫を祝うのはおわかりいただけたかと思いますが月とどう関係するの?と疑問がでてくるかと思いますが、ここで説明するとさらに長〜くなってしまいます^^;

 

【関連記事】

十五夜の意味とは?子供に分かりやすく伝えるための疑問解決!

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事