-あなたの気になるにお答えします-

野球のヒットの意味とは!?誰にでもわかる簡単解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野球を見ていて、守備よりも攻撃の方が盛り上がって楽しいですよね!

なんといっても選手がヒットを打ったときなんかは大盛り上がり。でも野球のルールをよく知らないと時々、あれ今のヒットじゃないの

というシーンがでてくるかと思います。そんな疑問を解決するために、今回は野球シリーズ第9段ヒットの意味についてお伝えしていきたいと思います。

Sponsored Link

【野球のルール解説】ヒットの意味は?

kako-gwgDdxbKAyurlxf5

まずヒット=安打ということを覚えておいてください!野球はアメリカから伝わったスポーツなので、ヒットは英語、安打というのは日本語ですね。それを踏まえた上で解説していきましょう。

地面に落ちる前に守備側の野球に捕球されなかった打球がフェアボールになり、打者が出塁することで安打が記録される。

基本的な考え方として、失策や野手選択によらずに、塁上にいる走者が1つ以上進塁するか、元の塁に留まる(進塁義務がない場合)などしてアウトになることなく、打者が一塁に到達できた場合には、安打であると考えて差し支えない。

wikipediaより引用-

少し噛み砕くと…バッターが打ったボールがフェアゾーンに落ち、なおかつバッターがアウトにならずにランナーして出塁した場合。エラーやフィルダースチョイス(野手の判断ミス)は除く…。

ちょっと難しい言葉が沢山でてきましたね^^;フェアゾーンに関しては別記事で解説していますので、最後にご紹介します。

エラーに関しては別の記事で詳しく説明していきますが、守備の人のミスでランナーを出塁させてしまうことと思っておいて下さい。

例えば飛んできたボールを取り損ねたり、暴投(ボールを投げた先の人が取れないようなボールを投げること)したりした場合のことです。

ん〜わかったようなわからないような^^;という感じだと思うので次の章で動画とあわせて解説していきましょう!

Sponsored Link

シングルヒット(単打)について動画を使って解説!

ヒットには何種類かあるのですが、基礎となるシングルヒット(バッターがヒットを打った後に、ランナーとして1塁にでること)について解説していきましょう!

今大人気の森友哉選手に登場してもらいましょう!

では、わかりやすいように箇条書きで説明しますね♪

  1. バッターが打ったボールがフェアゾーンに飛びます。
  2. バッターが1塁に向かって走ります。
  3. 守備の人がボールをとる前にボールが地面に付きます。
  4. 守備の人が地面についたボールを取ります。
  5. そのボールを持った守備の人がバッターにタッチするか、ボールを持っている人がベースを踏むか、1塁ベースにいる人にボールをわたします。
  6. 5.より先にバッターが1塁ベースに触れることができれば晴れてヒットということになります。

※本来は状況により、ランナータッチをしなければいけない場合とタッチをしなくても良い場合がありますがここでは細かいルールは省きます。

 

動画とこの箇条書きを見比べてもらえれば、ヒットってこういうことなんだなぁ〜というのが何となくつかめるのではないかと思います。

ただ、その他にもヒットには何種類がありますので種類別にサクッと解説していきますね。

Sponsored Link

 

 ヒットの種類

ツーベース(2塁打)

baseball055 2

打ったバッターがボールを持った守備の人にタッチされる前に2塁ベースに到達していれば、ツーベースヒットとなります。なお、バッターが2塁ベースに到達する前にボールを持った守備の人にタッチをされた場合、バッターはアウトにはなりますが、記録上は通常のヒットとなります。

ツーベース以上からが長打と呼ばれる部類にはいります。主に外野を守っている選手の間を抜かないと長打になりません

イメージし易いように動画を載せておきますね♪

スリーベース(3塁打)

baseball01 4

先ほどのツーベースの延長で、このスリーベースがヒットの中でも一番出にくいものです。打ってからボールを持っている守備の人にタッチされるまでに、三塁まで走って到達しないといけないからですね^^;

以上の理由から、足が早い選手がスリーベースを打つことが多いです。ちなみに3塁まで到達したバッターは息を切らしていますね(笑)

先ほどのツーベースと同じように3塁でアウトになってもツーベースとして記録されます。滅多に出ないので、見ることが出来た方はラッキー

 

ホームラン(本塁打)

baseball059

こちらは説明するまでもないかと思います。野球の華であり、実際に球場で見て一番感動するのもこのホームランではないでしょうか。

パワーがあり、なおかつバッティングの技術がある選手だけが打つことができるこのホームラン。点数も入るので一番重宝されますね。

なお先ほどのスリーベースの延長で打ったバッターが走ってホームベースまで返ってきた場合もホームランとなります。通称ランニングホームランと呼ばれているホームランです。

ちなみにホームランと名付けられた理由は、ホーム(ベース)まで走るからことから♪単純明快ですね(笑)

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

このヒットもまた細かく見ていくと沢山のルールがあるのですが、今回は初心者の方むけということでざっくりと説明させて頂きました。

どういった場合にアウトになるのか?ということを詳しく解説している記事もありますので、あわせてご覧頂ければヒットに関してもかなり理解が深まるのではないかと思います。

 

もっと野球に詳しくなりたいぞ!という方はこちら( ´∀`)

野球のルール!初心者でもわかる簡単解説

野球の由来に関する記事まとめ!おすすめ記事5選

 

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事