-あなたの気になるにお答えします-

野球のアウトってどんなルール!?誰にでも分かる簡単解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウト!!!

え!今のがなんでアウトなの…そう思うことってありませんか?

例えば…ボールが地面に付いて、さっきはヒットだったのに今度はアウト?とか。なんでさっきは守備の人がランナーにタッチしたのに、今度はタッチしないの?とか。

あげればきりがないですが、これまた細か〜いルールがあるんですね。

そんなアウトに関する疑問いっぱいのあなたのために、今回は野球のアウトってどんなルール?ということについて解説していきます。

Sponsored Link

【野球のルール】アウトとは?

job_shinpan_baseball

まずは一般的な定義から見ていきましょう!

野球でアウト (out) とは、攻撃側プレイヤー(打者や走者)が規則によりプレイから除かれることである。守備側が攻守を交代して攻撃側となるためには、攻撃側から3個のアウトを取らなければならない(公認野球規則5.07)。

wikipediaより引用-

ここでアウトというルールに関して覚えておいてほしいこと。まず野球のルールとして、攻撃側からするとアウトは3つ取られると攻守交代となります。なので3つアウトをとられる前にいかに点数を積み重ねていくかということが重要になりますね。

アウトの対象になるのはバッター(打者)とランナー(走者)です。バッターは常に1人、ランナーは0人から最大で3人。それぞれがアウトになる対象となります。

ではアウトにもいくつか種類があるので、どうなったらアウトになるのか?それぞれ一緒に見ていきましょう!

Sponsored Link

アウトの種類

ではまずバッターがアウトになる例を見てみましょう。

三振

ストライクが3つになった場合。

三振には、空振り三振見逃し三振と2種類あります。動画を見れば一発だと思うので、動画をご覧になって頂いたあとに解説していきましょう!

【空振り三振】

【見逃し三振】

一発でおわかり頂けたかと思います(^^)

空振り三振とはストライクが2つの状態からバットを振るのですが、バットにボールが当たらずに、ストライクが3つになってしまうこと!

見逃し三振とは、同じくストライクが2つの状態からバットを振らずにストライクゾーンにボールが来た場合のこと。バッターがボールと思って見逃すケースが多いですね。

フライアウト

フライアウトとは、バッターが打ったボールが地面につく前に守備の人がボールを取った場合のことです。

じゃーボールが地面についたら全部ヒットなの?…と思われるかもしれませんが、一概にそういうわけじゃないんですね^^;

ゴロアウト

ボールが先に地面についた場合のアウト。こちらもイメージしやすいようにまず動画をご覧頂きましょう!

バッターが打ちボールが地面につき、バッターは1塁に走ります。ランナーが一塁に到達するより先に、守備の1塁の人にボールがわたせばアウトになります。細かいルールはまだまだ沢山ありますが、まずは基本的なところを押さえていきましょう!

 

では次の章ではランナーがアウトになるケースをお伝えしていきますね。

Sponsored Link

 ランナーがアウトになる場合

ランナーがアウトになるケースは、ボールをランナーにタッチする場合と、タッチしない場合があります!どういう時にタッチをするのか…

一番わかりやすいのが、1塁が埋まっているかどうかです。

具体的に説明すると…

タッチが必要になるケースはランナーが2塁か、3塁、もしくは2塁と3塁両方にいる場合です。

 

2塁から3塁にすすむランナー、3塁からホームへ進むランナーにそれぞれタッチが必要になります。それ以外の場合はタッチが必要なく、ランナーがいない場合もタッチは必要ありません。

ちょっとわかりにくいですね、イメージしやすいようにイラストをご用意致しました。

タッチが必要ないケース(タッチしてもOK)

スクリーンショット 2015-09-03 23.43.37スクリーンショット 2015-09-03 23.52.10スクリーンショット 2015-09-03 23.42.40スクリーンショット 2015-09-03 23.43.43

こちらは先ほどの動画にあったように、ランナーが次の塁に到達する前にボールを持った守備の人がベースを踏んでいればアウトです。

タッチが必要なケース

スクリーンショット 2015-09-03 23.52.10スクリーンショット 2015-09-03 23.52.05

たとえば上のイラストの左側を例にとると、3塁に進む2塁ランナーをアウトにする際にはタッチが必要となります。

ただ、盗塁はランナーが次の塁に向けて走る際に、前のランナーがいなくなるという意味合いでタッチが必要になってきます。また牽制でアウトになるケースもありますね。牽制と盗塁に関しては別記事で詳しく説明していますので、最後にご紹介しますね^^

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

アウトに関してさらに細かく見ていくと膨大なケースがあるので、一気に全部把握するというのは不可能ですね^^;

個人的にはこの記事の位置づけとしては、概要を理解してもらう基本編応用編としては、毎日野球を見る。もしくは野球ゲームをやり込む!あとは自分で実際にプレーしてみる。という3つの方法が効果的かなと思います。

応用編をした後にまたこの記事を読んでもらえればさらに理解が深まる。そういう記事にしていければなぁ〜と思います。

 

もっと野球に詳しくなりたいぞ!という方はこちら( ´∀`)

野球のルール!初心者でもわかる簡単解説

野球の由来に関する記事まとめ!おすすめ記事5選

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事